Homeの中の Notes移行サービス の中の 使い慣れたNotesのUIをそのまま移行

Notes移行サービス | 使い慣れたNotesのUIをそのまま移行

サービス特長

使い慣れたNotesのUIをそのまま移行

Notesのアプリケーションでは、固有のビューやフォームといった特徴あるユーザインターフェイス(UI)が前提でアプリケーションが構成されており、エンドユーザはそのUIに長年慣れて業務に活用しています。

Composerを活用した移行ソリューションの大きな特長の一つに、移行前と移行後で利用者(エンドユーザ)が利用するNotes固有の画面のレイアウト表示とその操作性をほぼ100%継承したままで移行できます。

※画像をクリックすると別画面で拡大されます。

ビュー
フォーム(表示モード)
フォーム(編集モード)
※画像をクリックすると別画面で拡大されます。

ここでご紹介した利用者に優しい移行のオンラインデモはここからご覧いただけます。

このオンラインデモでご覧いただけるように、アプリケーション画面の見た目と操作性がそのまま継承されるので、移行前後で利用者にとってシステムの利用方法の変化による混乱を回避して、移行前と同様の生産性で業務に取り組むことができます。
従って、以下のような具体的なメリットを得ることが可能です。

移行実施前にエンドユーザに対して操作教育を実施する必要がないので、
コスト低減が可能

移行後システムに不慣れなために起きる業務の遅延といったリスクを回避可能

問合せはこちら




ページトップへ