会社概要
製品情報
技術サービス
サポート
パートナー
カスタマー
ホーム | お問い合わせ
UNIFY_logo
Real Business Application Solutions... Fast
プレスリリース

2006
2005
2004
2003
2002
2001

プレスリリース
2004年5月24日

ユニファイがエンタープライズ・アプリケーション開発環境「Unify NXJ 10」の
富士通「Interstage Application Server V6」対応を発表

ユニファイジャパン株式会社(本社:東京都中央区日本橋浜町、代表取締役社長:堀 学)は5月24日、米Unify Corporation(米カリフォルニア州サクラメント、社長兼最高経営責任者: Todd Wille)の開発・販売するエンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム「Unify NXJ 10」が、富士通のアプリケーションサーバ「Interstage Application Server V6」に対応することを発表しました。今回の対応により、企業ユーザの基幹業務アプリケーションをInterstage Application Server V6上で構築する際の生産性を大きく向上させるソリューションとしてUnify NXJ 10 を提供いたします。

Unify NXJ 10 は J2EEアーキテクチャ上でサービス指向のトランザクション・アプリケーションを簡単に実現するための統合アプリケーション・プラットフォームです。VBライクな開発ツール「フォーム・プロセッサ」を中心とした統合環境によって、Web-DBアプリケーションを短期間・低コストで実現することができます。またUnify NXJ 10 で開発した業務アプリケーションは標準的なJ2EEアプリケーションであり、Interstage Application Server V6を始めとする主要な全てのアプリケーションサーバ上で実行することが可能です。

「PFUではそれぞれの開発案件において、顧客の要望や技術要件、周辺ソフトの稼働環境などに合わせ、Interstageほか幾つかのアプリケーションサーバ製品を使い分けて適用しています。これまで何件かのプロジェクトでUnify NXJを採用して、生産性の向上というテーマに対する効果をあげてきました。今回NXJがInterstageに対応したことで、多様なアプリケーションサーバ製品のWebアプリケーションを一つのツールで構築することができるようになるため、開発手法の標準化や資産の再利用による、業務の効率化といった課題に対する解決策の一つとなると考えています。」

株式会社PFU
ソリューションビジネス本部
システム事業部
事業部長代理 遠藤正行氏

Interstage Application Server V6に対応したUnify NXJ 10 は2004年6月30日より出荷開始となります。

ユニファイジャパンについて

会社名: ユニファイジャパン株式会社
所在地: (東京本社)東京都中央区日本橋浜町3-16-7
(仙台本社)宮城県仙台市青葉区大町2-15-28
代表者: 代表取締役社長 堀  学
事業内容: 米国ユニファイ社が開発する業務アプリケーション構築用ソフトウェア及び関連製品の販売・教育・技術サービス

問合せ先:
ユニファイジャパン株式会社
マーケティング部 中林
TEL:03-5614-5367
cont.gif
http://www.unify-jp.com/

※ Unify及びUnify NXJはUnify Corporationの商標または登録商標です。
※ Inteerstageは富士通株式会社の登録商標です。
※ Java, 及び関連の各用語はSun Microsystems,incの商標または登録商標です。
※ その他記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。