Homeの中の 製品情報 の中の DataServer

DataServer

ハイコストパフォーマンスで使い易いデータベース管理システム

Unify DataServer はRDBMSとしての高い信頼性はもちろんのこと、チューニング・パラメータや運用監視・障害報告ユーティリティなども豊富に装備しています。これにより、設計から運用まで、多様な問題に対応することができます。外部とのファイル連携やWebアプリケーションの構築に関しては、Unify DB Integratorを使用することによって、ODBCまたはJDBC経由でのデータアクセスを可能としています。

製品の特長
■アクセス・インタフェース

データベースをアクセスするインタフェースは、対話型SQL、埋め込み型SQL、RHLI (Relational Host Language Interface *Unify DataServer 独自のC言語ライブラリ)の3種類をサポートしています。SQLはANSIに準拠しており、移植性に優れています。またRHLIは100以上のライブラリを用意しており、SQLよりも高い性能を実現します。

■開発ツール

DataServerを使用したアプリケーション開発ツールとして ACCELL/SQL(CUI開発)、Unify VISION (GUI開発)を準備。

■豊富なアクセス方法

ハッシュ・テーブル、リンク、Bツリー、ダイレクトキー・アクセス、シーケンシャル・アクセスといった5つのアクセス方法をサポートしています。アクセスの度に最適な方法が自動的に選択されますので、手の込んだチューニング作業を行うことなくレスポンスの良いアプリケーションを開発することが可能です。

■ストアード・プロシージャ

ACCELL/SQLやUnify VISIONで使用されている開発言語Unify 4GLを用いて、ビジネス・ロジックをデータベース内に格納することにより、システムのパフォーマンスを高めるとともにアプリケーションを一元管理することができます。このストアード・プロシージャを全社規模で多くのクライアント・デスクトップからアクセスできるため、処理速度が向上するだけでなく、保守も容易に行うことができます。

■トリガ

トリガは決められたテーブル上で操作が実行される度に常に実行される、Unify 4GLで作成された処理モジュールです。トリガはイベントと関連付けられ、テーブルに追加・更新・削除といったイベントが発生した際の"before"や"after"処理として定義することができます。トリガはデータベースの一貫した操作を保証します。

■セキュリティ

データベースにとってセキュリティは最も重要な機能の一つです。
Unify DataServerでは5段階のセキュリティ機能をサポートし、列単位のセキュリティ設定も可能です。これらの機能によって堅牢なデータベースの構築を保証します。

■スケーラビリティ

SMP(Symmetric Multi Processor)対応をしており、シングルプロセッサからのスケーラビリティ-を実現しています。

■チューニング

一般にデータベースのチューニングは大変難しいものとされています。
Unify DataServerには、パフォーマンスの向上や環境構築、運用などを支援するためのコンフィギュレーション・パラメータが数多く用意されており、これらを使用することによってベンチマークテストが示す優れた性能を簡単に引き出すことができます。
そしてテーブルをアクセスする数々のメソッドや、共有メモリ、キャッシュ・ メモリなどに対して、システム・リソースを監視しながらの緻密なチューニング作業を快適に行うことができます。

■運用管理

shmmapコマンドは、共有メモリ・セグメントの割り当て状況や、各コンポーネントマネージャの共有メモリ使用状況などを、ユーザに分かりやすい形式で表示し、共有メモリを最適にチューニングのための情報を提供します。またuperfコマンドは、共有メモリやキャッシュ・メモリの使用状況をモニタ リングします。
Unify DataServerはそのほかにもデータベースの情報やリソースの使用状況などを参照するためのユーティリティを豊富に備えており、運用監視や障害発生時の情報収集が容易に行えます。

■データベース復旧

Unify DataServerはオンライン・バックアップをサポートしており、フォルトトレラント性にも優れていますので、24時間無停止での運用が可能です。
データベースの障害時にはバックアップ・ファイルからの復旧以外にも、IRMAユーティリティの高速自動リカバリ機能によって、障害発生直前の状態まで自動回復させることが可能です。

■運用中の変更

オンラインでの運用中にテーブルの追加・削除、既存テーブルの定義変更などの作業が可能です。

■Unify DB Integrator

n-階層アプリケーションの構築にあたって、ODBCおよびJDBCを経由したデータアクセスが可能です。
ネットワークのトラフィックを最適化することで高いパフォーマンスを実現しています。

■ベンチマークテスト結果

各社RDBMS(Widows版)
テスト1
テスト2
Unify DataServer
360秒
28回/秒
A社
480秒
12回/秒
B社
380秒
15回/秒

テスト1: 30,000件のレコードをSQLユーティリティによりロードする時間
テスト2: TPC-Bベンチマークテスト
3つのテーブルから4番目のテーブルへデータを挿入するトランザクション処理の回数
システム構成
Unix
メモリ
必要最小容量 8MB(推奨16MB)
1追加ユーザーにつき 1MB
HDD
開発システム 80MB
DBアクセスツール 25MB
Linux
メモリ
必要最小容量 32MB(推奨64MB)
1追加ユーザーにつき 1MB
HDD
開発システム 120MB
ランタイム 50MB
Windows
メモリ
必要最小容量 32MB
1追加ユーザーにつき 1MB
HDD
開発システム 120MB
ランタイム 50MB

※これらの要件は参考値です。正確な仕様はプラットフォームとインストールする機能に依存します。
データベース最大の仕様
DB当たりのテーブル数 20億個
テーブル当たりの列数 20億個
列当たりのバイト数 256:キャラクタ型の場合
2G:テキスト/バイナリの場合
行当たりのバイト数 2G(+テキスト/バイナリ)
DB当たりのバイト数 無制限
テーブル当たりのアクセス数 無制限
使用DISKボリュ-ムサイズ 無制限

※これらのサイズは有効なディスク容量及びシステムに制約されます。
対応OS
サーバ
Windows2003/2008,RedHat, Solaris

クライアント
上記 および、Windows XP/VISTA

※一部プラットフォームについてはご要望を受けてからの対応となるため、 出荷までにお時間を頂くことがあります。 製品価格や納期などの詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

ページトップへ