以下のリストから製品をお選び下さい。

 

FAQ-DataServer

nextlistnext

テーブル作成時の予想件数

西暦2000年対応

コンフィギュレーション・パラメータ推奨値

startdb時に表示される警告メッセージ

SQLハングアップ時の対応方法

DB稼動時、電源が切れた場合の対応方法

startdb時に、-59のエラーが発生

CLIENTINFOの既定値

埋め込み型SQLプログラムで、-2070のエラー発生

会話型SQLで大量レコードロード時の注意事項

RHLIで大量レコードロード時の注意事項

startdb実行時に、-9825のエラーが発生

-10656のエラー(一時ファイル書き込み不可)が発生

レコード登録時の既定のカラム値について

リンクインデックスの作成方法

カラム値として、数値をインクリメントに自動設定する方法

同一マシン上で複数DBを起動する方法

budbで作成したバックアップを使い、別マシン上でredb可能か

ACCELL/Netクライアント環境で、-180のエラーが発生

クライアント環境で、startdb/shutdbは可能か

クライアント環境でDDL操作は可能か

file.cfとfile.cfgの相違点

SQL問い合わせ時に、-10709のエラーが発生

Bツリーインデックス作成時、-10662、-37のエラーが発生

テーブルレコード登録時の性能改善策

dbld実行時、「キーがない」という内容のエラーが発生

サイズが増大したエラーログファイルの縮小方法

AMGR実行中に、-48(デバイスに空きなし)のエラーが発生

dbdmn立ち上げ時の、rcファイル編集方法

dbdmn実行時、-834のエラーが発生

-3(共有メモリ不十分)のエラー発生時の対応方法

テーブルに、予想件数を越えた行数を追加できるか

同一マシン上で、複数の親dbdmnの起動は可能か

データベースを複数ボリュームで管理する手順

データベースに新ボリュームを追加する手順

UNLIMIT設定のDBボリュームを制限付きに変更する方法

SQLのselect文でorder by句を使用するときの注意事項

SQLのselect文の出力結果から重複値を除く方法

データベースファイル(file.db)のサイズを縮小する方法

物理ログファイル(file.pl)のサイズを縮小する方法

データベース作成者以外でも、startdb/shutdb 実行可能か

マルチボリュームの作成方法

マルチボリュームの場合のデータの格納

ビューテーブルの検索パフォーマンス

uldでエラーが発生

DataServer,UNIFY2000の西暦2000年対応について
[1] データベースの対応
DataServer,UNIFY2000の日付のデータタイプで、DATEタイプについては1900年3月1日から2000年12月31日の日付のデータです。
DATEタイプでは西暦2000年以降のデータを取り扱うことはできません。
西暦2000年以降をご使用になる場合は HUGE DATEタイプをご使用下さい。1752年10月1日から9999年12月31日の日付データを取り扱えます。
[2] ACCELL/SQL, UNIFY2000のDATEFMTについての対応 ( Version 2 まで)
西暦2000年以降のデータにつきましては UNIFY2000 でのコンフィギュレーション変数 DATEFMT = YY/MM/DD, MM/DD/YY, MM-DD-YY 等の、 年を2桁で表示するフォーマットがサポートされません。現在のACCELLの仕様では、YY/MM/DD で設定可能な日付データは、99/12/31(2000年12月31日)までです。

西暦2000年以降のデータをご使用になる場合はUNIFY2000でのコンフィギュレーション変数 DATEFMT = YYYY/MM/DD, MM/DD/YYYY, MM-DD-YYYY等の、年を4桁で表示するフォーマットでご使用下さい。

[3]

 

ACCELL/SQL Version 6, Unify DataServer Version 6 以降の機能拡張法
西暦2000年対応に関しては、ACCELL/SQL Version 6, Unify DataServer Version から下記の機能をサポートします。

環境変数 CENTURY_CUTOFF
-----------------------
新環境変数 CENTURY_CUTOFFの設定値より大きな 2桁の値が入力された場合は 1900年代、小さな値の場合は 2000年代として処理を行ないます。
     CENTURY_CUTOFF = 25 とした場合の例

     入力値 (MM/DD/YY)             結果

     (1/1/95)                      (1/1/1995)
     (12/31/99)                    (12/31/2000)
     (6/4/20)                      (6/4/2020)
     (4/12/25)                     (4/12/1925)
     (12/31/24)                    (12/31/2024)
     (1/1/25)                      (1/1/1925)
     (12/16/1919 )                 (12/16/1919)
     (12/7/2041 )                  (12/7/2041)
     * 4桁入力の場合は、入力した値となる