以下のリストから製品をお選び下さい。

第1集 | 第2集 | 第3集
 

FAQ-Unify VISION

listlist

オンラインヘルプについて

テキストファイルの取り込みの可否・スクリプトの記述方法

画面の最大、最小、高さ、幅について

2画面間の遷移の方法及びスクリプトの記述方法

ボタンラベルの配置について

メニューバーを消す方法について

オブジェクト属性の変更について

実行時のアプリケーションをMotifにする方法

画面のタイトルバーの色について

画面のプレビューについて

デザイナで縦の罫線を引く方法

テキストエリアのカンマ区切りの設定方法

ショートカットキーの設定方法

フォーム上のカーソル移動について

VISIONのグラフ機能について

英語モード → 日本語モードの自動切り替えについて

FEPの自動切り替えについて

DISPLAY文でのポップアップ画面について

system$()を使用した新規画面の起動について

ifdef-endifの機能について

範囲検索時の範囲指定文字について

サブフォームのサンプルについて

ZOOMフォームでのデータの受け渡しについて

VISIONAPからのデータベース接続方法について

DCMファイルの作成方法及びその使用方法

チェックボックスの使用方法

VISIONで画像データを取扱う方法について

MDIフォームの作成方法について

グローバル変数について

ショートカットキーの使用方法について

複数のテーブルへのアクセスについて

ActiveXの機能とその使用方法について

ウイザード機能について

カーソルの使用について

oracleストアドプロシジャコールについて

テキストファイルのアップロード/ダウンロードの機能について

データベースアクセスのエラートラップについて

レポートライターの機能について

Cプログラムのコールについて

EXEファイルの取扱い方について

テキストフィールドの入力チェックについてサンプル作成

繰り返しレコードを使用した一括更新について

ローカルファイルからのDB登録について

FYI_MESSAGEの使用方法について

NEXT FORM時のデータベースコミットについて

VISIONサポートOSについて

画面オブジェクトをファイルに落とす方法について

帳票作成ツール(RPT)について

VISIONライセンス管理について

UVの障害について(BUSS ERROR)

RPTのプログラミング及び、障害について

FORM内での複数レコード更新について(1)

FORM内での複数レコード更新について(2)

印刷時のlandscape/portraitについて

マウスポインタの位置・形の変更について

TelnetからUnify Visionを使用する方法

VISIONからCプログラム利用時の必要なソフトについて

Reprot Writer機能における #defineについて

VISIONにおけるパーティションの使用について

VISIONアプリケーションからプリンタを選択する方法

RPTコマンドにおけるパラメータ渡しについて

処理時間の見積もりについて

PREPARE_SQL,EXECUTE_SQLの使い方

繰り返しフィールドについて

sql_clear$()の使用方法について

曜日の取得について

カーソル宣言について

Solaris版VISION3.1Cにおけるon current処理

httエラーについて

ORACLEのトランザクションについて

ストアドプロシジャにおけるトランザクション管理について

フォームにおける整合性について

 

EXECUTE_SQLの使い方(構文例も一緒にお願いします)。

サンプルプログラム( sample65.exe

動的SQLのコーディング手順を以下に示します。
  1. STEP1

    実行する動的SQL文の文字列を作成します。
    where句に任意の文字列を設定する場合は、作成する文字列内に「’」を設定することを忘れないで下さい。

    [例]

    select 顧客コード,枝番,顧客名称,部署名 from 顧客マスター where 顧客コード like ‘1%’
    というSQL文を作成したい場合は、以下のようにコーディングします。

    set sql_sentence to 'select 顧客コード,枝番,顧客名称,部署名 from 顧客マスター';
    if (Form2:$T_KOKYAKU_CD != '' and Form2:$T_KOKYAKU_CD is not UNDEFINED) then
    BEGIN
    set sql_sentence to sql_sentence +
    ' where
    ( 顧客コード like \'' + Form2:$T_KOKYAKU_CD + '%\')';
    END

  2. STEP2

    動的SQLの解析を行ないます。

    prepare_sql $sql_sentence into $hndlSQL;

  3. STEP3

    解析されたSQL文を実行します。

    set l_kokyaku[count],l_eda_no[count],l_meisyo[count],l_busyo[count]
    to EXECUTE_SQL $hndlSQL
    EXECUTING BEGIN
    set count to count + 1;
    END;

    上記例は、複数件数マッチしたデータをリスト構造の変数(l_kokyaku,l_eda_no,l_meisyo,l_busyo)に設定しています。データが無くなれば、自動的にループから抜けます。

  4. STEP4

    SQLハンドルを開放します。

    FREE_SQL $hndlSQL ;